高槻市公営企業審議会

高槻市公営企業審議会とは

高槻市公営企業審議会とは、高槻市附属機関設置条例の公営企業審議会規則に基づき、市営バスの経営に関する重要な事項を調査、審議するために置かれる附属機関です。
会議は、原則として市営バス経営計画策定の2年前に開催され、その時々での市営バスに係る様々な課題や経営方針などについて議論を行い、その結果が答申書としてとりまとめられます。
審議会の委員は、学識経験者や関係団体の代表者等で構成され、直近では平成26年度に開催し、現行の経営計画(平成28年度~32年度)に反映しています。
今後は、平成33年度からスタートする次期経営計画の策定を踏まえて、平成31年度に開催する予定です。