定期券の払い戻し方法について

旅客の都合による場合

(自動車運送事業約款第26条・手数料500円) 「通用期間前のものについては、その運賃額、通用期間内のものについては、通用期間の始めの日から払い戻しの請求のあった日までを使用済み期間とし、これを1日2回乗車の割合で普通運賃に換算し、その金額を運賃額から控除した残額」を払い戻しします。

 

種類又は区間の変更の場合

(自動車運送事業約款第33条・手数料500円)

次の算式により算出された金額を追徴し、又は払い戻しします。

原券の券面表示の運賃額 A

新券の券面表示の運賃額 B

通用期間(日数) C

残通用期間(日数) D

追徴又は払戻額=(A×D÷C)-(B×D÷C) 残通用期間は請求の日の翌日から通用期間の満了日までの日数です。

10円単位に四捨五入します。

その他、不明な点は、窓口でお問い合わせください。

お問い合わせ

高槻市 交通部 総務企画課
住所:〒569-0823 大阪府高槻市芝生町四丁目3-1
TEL:072-677-3505
FAX:072-677-3516