筑紫津神社

南地域 つくしつじんじゃ     高槻市津之江町1-27-1

「津之江」の地名発祥の神社で、素盞鳴尊を奉る。津とは当時の港のこと。今城塚に眠るとされる継体天皇の時代、当時「筑紫」と呼ばれていた九州で「磐井の乱」が起こり、その討伐軍を送った津であったのでは、との探究心をくすぐる。
 

住所 南地域 高槻市津之江町1-27-1
JR・阪急各駅のバスのりば番号 (1) JR高槻駅南 2番
(2) 阪急高槻 2番
(3) 阪急富田駅
このスポットに向かう行先番号 (1)(2) 4・17A
(3) 1
下車するバス停(乗車時間) (1) 城西橋(約15分)
(2)(3) 城西橋(約10分)
下車バス停からの所要時間 約10分
公式サイトURL
お問い合わせ先

発着時刻を検索する

市営バスターミナルのりば

高槻市営バス(当サイト)では一部の地図表示に「Yahoo!JAPAN 地図」を使用しています。
地図内に「Yahoo!JAPAN」が提供する広告が表示される場合がありますが、表示される広告は当サイトと一切関係ございませんのでご注意ください。
また、それら広告によって生じた損害について一切の責任を負いかねます。