筑紫津神社

南地域 つくしつじんじゃ     高槻市津之江町1-27-1

「津之江」の地名発祥の神社で、素盞鳴尊を奉る。津とは当時の港のこと。今城塚に眠るとされる継体天皇の時代、当時「筑紫」と呼ばれていた九州で「磐井の乱」が起こり、その討伐軍を送った津であったのでは、との探究心をくすぐる。
 

住所 南地域 高槻市津之江町1-27-1
JR・阪急各駅のバスのりば番号 (1) JR高槻駅南 2番
(2) 阪急高槻 2番
(3) 阪急富田駅
このスポットに向かう行先番号 (1)(2) 4・17A
(3) 1
下車するバス停(乗車時間) (1) 城西橋(約15分)
(2)(3) 城西橋(約10分)
下車バス停からの所要時間 約10分
公式サイトURL
お問い合わせ先

周辺地図

バス停からのルート

時刻表検索

発着時刻を検索する

市営バスターミナルのりば