バスのクラクション

意見・苦情

大冠町のバス停付近の交差点の横断歩道で、クリンピア前島行のバスに進路妨害された。妨害されたから端に寄っているとクラクションを勢いよく鳴らして前島方面へ走り去っていった。青信号の横断歩道を自転車で渡ろうとしているのにバスが優先と言わんばかりに強引に左折して横断歩道に入ってきた。
端に寄っているときも大きなバスの車体が近づいてきて恐怖を覚えしばらくはバスを見たくありません。私の方が横断歩道で止まらなければ確実に横断歩道上で轢かれていました。

 

ドライブレコーダーの映像確認及び当該乗務員に事実確認をしたところ、須賀町バス停先の交差点を左折の際に、進行方向の前方から自転車が車道を逆走して来たため減速して徐行しましたが、内輪差により狭くなってきているガードレールと後輪との間に自転車が入り込んできたため危険と思い、事故を回避するため停車し、軽くクラクションを鳴らしたものでした。当該乗務員には、自転車の存在に気が付いた時点で停車をしていれば、クラクションを鳴らす必要もなかったのではないかと指摘し、不要なクラクションは相手に恐怖心を与えるばかりではなく、周囲の歩行者や自転車などの方々に不慮の事態を招きかねないため、厳に慎まなければならないと指導を行いました。