乗務員の対応1

意見・苦情

バイクで信号待ちをしていたところ高槻市営バスが右折してきました。自分は停止線を越えたところに停車していたのでバスが曲がれないと思いバイクを端に寄せたところ、バスがギリギリまで寄せてきて、運転席の窓を開けて「停止線はあちらですけれども?」と言われました。停止線を越えたところに停まっていたのは悪いかもしれませんが、端に寄ったにも関わらず、わざわざの一言はいるのでしょうか?
それを言い出すと、高槻市営バスは狭いところを通るため、いつもセンターラインを越えて走っていますし、狭いところを走るためゆっくりと進みいつもバスの後ろは渋滞になります。市民の足であるためこのような事は意見せずに地元の市民は我慢しています。日頃の勤務でお疲れであるのは理解しますが、このような心無い市民への一言が少しでも改善されればと心から願っております。

 

市営バスでは、全体の奉仕者としての心構え及び安全運転について、日頃より研修等で取り組んでいるところですが、一人の乗務員による言動等から全体のイメージ低下に繋がることは大変残念です。
当該乗務員には個別に指導を行いました。