乗務員の対応2

意見・苦情

阪急高槻発富田団地行きに乗って降車する際、ICカードのエラー音が鳴ったがエラー音とは気づかずに降りようとしたら、運転士に「待て待て待て」と呼び止められた。カチンときたが後ろのお客様の迷惑も考えて何も言わずに再度タッチして降りた。歩く方向とバスの発進方向が同じだったため、運転士を睨みながら歩いていると発車したバスが停まってドアを開けて「何ですか!何かあるんですか?」とけんか腰に言われた。物の言い方が人としてどうなのか。
どういう対応をされているのか確認をしたい。

 

当該乗務員とドライブレコーダーの映像を確認し、お客様との口論を確認しました。降車後にお客様がこちらを見ていたたため、安全を確認のうえ停車し忘れ物などの用件を聞いたものだったが、言葉遣いと態度を改めお客様の立場に立った優しい接遇を心掛けるよう厳しく指導しました。