乗務員の対応1

意見・苦情

1.弁天駐車場発上成合行きに乗車した際、弁天駐車場バス停を遅延で通過したところ、一人の男性が信号待ち中に立ち上がった。その途端に「立たないでくださ~い。」と上から口調で2回。反応がなかったからか「危険です。席を立たないでください。席を移動しないでください。」と放送を起動。さらには降りる時までその男性に言いました。なぜそこまで着席の強要をするのでしょうか?その男性は信号待ち停車中に立ち握り棒をしっかり持って立っていた。停車間際や走行中に立ち始めたのなら事故防止の観点からわかるが、今回は全く理解できず第3者の私から見てもこの運転手の言動は不快でした。
立つ座るは客の自由です。座らなければいけないを言うのならばラッシュ時に客を立たせてはいけないと思います。
この運転手は丁寧な対応をする他の運転手の接客を学んだ方がいいと思います。
2.JR高槻駅南発別所本町公園行がバス停に停車した為、先発の梶原東行が遅延してないにも関わらずバス停入れず遅延。
どうして先発バス無視なのでしょうか?他にも先発バスを考慮しないパターンが多く見受けられます。
3.弁天駐車場方面から南のターミナルに左折で入ろうとするときに正面から誰も乗ってない右折するバスに進路を譲ることが多い。なぜ左折で遅延している客が乗っているバスが正面から右折で遅延せずにこれから客扱いすると思われる回送のバスに進路を譲るのでしょうか?

 

1.当該乗務員に状況を確認し、お客様が座る座らないは自由であるので危険であると判断した場合は、やわらかく声がけをし、軽く注意を促す程度に留めておくよう指導しました。
2、3.バス同士の過剰な譲り合いはしないように注意し、先発車両の有無に関しては、遅延しているバスがないかのりばに着ける前に再度確認し直すよう指導を徹底していきます。