不快なクラクション

意見・苦情

阪急高槻駅のターミナルで、大きな音でクラクションを鳴らされて不快な思いをした。クラクションを鳴らした乗務員を呼び戻して謝罪してほしい。また、この件を営業所へ伝えに行ったが対応に不満があります。

 

ドライブレコーダーで確認したところ、バスが阪急高槻駅バスターミナル4番のりばから発車し、走行車線に入ろうと様子を窺いながら直進していたところ、バスの右側車線(走行車線)を走行していた乗用車がバスを追い越した上で、急にバスの直前で覆いかぶせるように左折しようとし、バスと接触しそうになったため、バスがクラクションを鳴らしたものでした。
クラクションについては必要なものでしたが、営業所でのお客様に対する言葉遣いや接遇については、冷静に対応するように指導しました。