バス停での騒音・排気ガス対応1

意見・苦情

以前に阪急富田バス停でのバスの騒音について苦情したものです。それ以来、バスのアイドリングはずいぶん改善されましたが、特に夏季はエアコンのためのアイドリングが必要にならないよう、長時間の停車にならないダイヤ編成にしてください。
4月からバスの経路が増えるようですが、発着の総便数は騒音や排ガスの被害の原因になりますので、便数の増加の無いようにお願いします。
増便されるのであれば、騒音対策や事前の住民説明会の開催を実施してください。
また、今でも朝のラッシュ時にバスが4台同時にロータリーに溜まることがあり、道路上で停車しています。周辺の交通に迷惑がかかると思われます。
歩行者や自転車との交通事故も心配です。ピーク時の交通整理員の配置などの対策も要望します。

 

アイドリング停止については、引き続き周知を図り、アイドリングストップの励行に取り組んでいきます。
富田芝生線については、当該路線運行に関係する連合自治会やコミュニティ協議会に対して、運行計画等について協議をさせていただき、ご賛同をいただいたことから運行開始に至ったものです。 
阪急富田駅の滞留車両については、平成23年以前の乗場位置に変更を予定していることから、騒音・排気ガスは解消されるものと考えております。
運行に際しましては、付近を通行される歩行者や自転車、一般車両の動向に十分注意するよう乗務員に周知徹底していきます。