不要なクラクション

意見・苦情

JR高槻駅ロータリーで、不要なクラクションを鳴らされた。びっくりして転げた。危険回避のときだけ警笛をならしてほしい。

 

当該乗務員を呼び事情聴取したところ、前の車が車線をふさいでいたので少し前に行ってもらおうとクラクションを鳴らしたものでした。また、ドライブレコーダーの映像を確認したところ、前の車のすぐ後ろに停車しクラクションを鳴らしていることから、無用なクラクションを使用しないように指導しました。